墨田区鐘ヶ淵、東武スカイツリーライン鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者 にしざわ歯科医院


電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

乳歯をぶつけたしまったら?

2022年1月16日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

以前に、「前歯が抜けてしまったら?」というテーマで書かせて頂きました。

そこで今回は、「乳歯をぶつけてしまったら?」についてお話しさせていただきたいと思います。

墨田区 歯医者 にしざわ歯科 歯が折れた

乳歯を強くぶつけた時に起こるのが、「歯の変色」です。
知らない間にお子様の歯が赤く見えたり、黒っぽくなってきたという経験はありませんか?

お子様が転んで歯をぶつけてしまい、その時は何の問題もなかったのですが、
数週間から数ヶ月後に歯が変色してくることがよくあります。

これはどうして起こるのでしょうか?
これはぶつけた衝撃で歯の神経が変化してしまったためです。
最初は、うっ血し歯が赤く見え始めます。
そして、この状態をずっと放置してしまうと、歯の神経が完全に腐ってしまいます。
この状態になると歯が黒っぽく見えてきます。
さらに放置すると、歯の根っこの先に膿み(ウミ)をためはじめてしまいます。
もっと進行すると、根の先の膿みが骨を溶かして歯肉をニキビの様に膨らせ始めます。
この状態になってなんだか歯の周りがおかしいな?
と気づかれた方が、診療室にお子様を連れてこられるというケースが多いです。
ですが、この状態を通り越して放置してしまいますと、ひどい場合は顔がパンパンに腫れてきたりしてしまいます。

歯が変色した場合は、歯の神経の治療を開始しなくてはなりません。
そして、治療にも大変時間がかかってしまいます。
場合によっては、歯を抜かなければならない事もあります。

お子さまが転んだりして、歯を強くぶつけた時に
「歯が動いていないから大丈夫。」
「歯が欠けていないから大丈夫。」
「歯茎から血が出ていないから大丈夫。」
「痛みを訴えていないから大丈夫。」

のように、軽く判断しないようにして下さいね。
見た目で何も問題がなくても、よーく歯を見てみると
歯の表面にうっすら亀裂が走っていることがあります。
このわずかな隙間から、細菌が侵入してきてしまいます。
その結果、神経にダメージを負わせ、結果的に神経を腐らせてしまうことがかなりあると報告されています。

「転んで歯をぶつけちゃったけどどうしよう?」と思ったら、
症状もなく、なんでもなくてもすぐに歯科医院に行って、歯科医師に相談してくださいね!

あともう一つ、乳歯のケガの特徴として「その後生えてくる永久歯に影響を与える」
という大事な事があります。
永久歯は、乳歯の下でゆっくりと育っています。
その為ぶつけた衝撃で、すでに育ち始めている永久歯の赤ちゃん(歯胚)を
強く衝撃を受けた乳歯が大きく動いてしまい、永久歯を傷つけてしまうことがあります。
そうすると、のちに生えてきた永久歯が白濁していたり、形がおかしくなっていたりすることがあります。

とにかく繰り返しになりますが、強くぶつけてしまったときや、歯が少しかけてしまったときは、
何も症状が無くても歯科医師に早くみてもらって下さい。

その後は定期的に経過を観察してもらう様にして下さい。

歯は一生使うものですからね。

お子様の矯正開始時期について

2022年1月5日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回悪い噛み合わせを治す「お子様の矯正治療の開始時期」についてお話しさせていただきます。

子供の矯正はいつから始めたら良いの?

小学校1年生だけど、矯正は始められるの?

まだ乳歯があるけど矯正は出来るの?

などの、お問い合わせをよくいただきます。

まず、矯正治療とは上下のあごの骨の大きさと形を整え、歯をバランス良く並べる治療です。

そのため矯正治療内容は、

◯あごの骨を歯の大きさに合わせた大きさと形に整える

◯歯をあごの骨の上にバランス良く並べる

◯あごの骨の成長や歯並びに悪影響を与えるくせをとることを目的にします。

この3点です。

矯正治療によりバランスよく並んだ歯は、

◯良く噛めるので美味しくご飯を食べる事ができ、健康になります。

◯きれいに並んだ歯は汚れが溜まりにくく、虫歯や歯周病になりにくいのです。

◯素敵な歯並びを獲得することで、自分に自信が持てます。

◯人前でも手で歯を隠すことなく、素敵に笑うことができます。

などの良い点が挙げられます。

そのため、矯正治療はお口と体を健康にする大切な治療なのです。

 次に矯正治療を始める時期です。

お子様が小さいうちに歯並びが悪くなると予測される場合は、
出来れば子供の頃に始めたほうが良いです。

というのも、大人の骨格になる前に悪い噛み合わせを軌道修正しておく事により、
問題の大きさを小さくすることができ、大きな治療をしなくても済むケースが多いからです。

成長期に矯正を開始することで、顎の成長などをコントロールすることもできます。

また、大人になってから治療を始めるより、体への負担をずっと小さくすませることができます。

なぜならば、大人はあごの骨が完成してしまっているため、その大きさや形を変えるためには、
外科的な手術が必要となります。

また、手術をしない場合でも骨の大きさのアンバランスはそのままにして歯を並べなくてはならないので、歯を動かす隙間を作るために、数本の抜歯が必要となる確率が高くなってしまうのです。

ですので幼少期からの矯正治療が推奨されています。

そこで、お子様の治療を始める時期としては6-7歳から始めるのが良いとされています。

というのも、その頃は前歯の上下4本が生えそろう頃なので、
「乳歯の頃はきれいに並んでいたのに。永久歯になったらガタガタになっておかしいな?」
と、歯並びが気になってくる頃なのです。

また、奥歯の第一大臼歯(6歳臼歯)も生えしっかり噛み始めますので、ある程度の噛み合わせの予測も立てられる時期でもあります。

実は乳歯の臼歯の大きさは、生え変わる永久歯の歯の幅より大きいのです。
この生え変わったときにできる隙間を最大に利用できるという利点もあります。

この様な理由などで、この時期に始めるのが良いとされています。

そして、1番は患者さんご本人もご両親も納得して矯正治療を開始しやすいということで、
この時期からの矯正治療開始は良いとされています。

ですが、覚えておいていただきたいことが一つあります。

お友達のお子様がこの時期に矯正治療を開始したからうちの子も始めたい。

というお言葉を大変多くいただきます。

お気持ちはわかりますが、歯の生え方や歯の本数、歯並びの状態はお一人お一人違います。

矯正の開始時期はその子にあった時期に行う様、最終的には矯正担当医が決めます。

この点だけは了承してください。

また、そのお子様にとって矯正する最適な時期を逃したからといって、
二度と治療が出来ないということはありません。

矯正治療をお考えの方はぜひお気軽にお声をかけて下さいね。

よろしくお願いいたします。

 

お子様にこんなくせはありませんか?

2021年12月27日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回は「お子様に、こんなくせはありませんか?」、という内容でお話しさせていただきます。

遺伝的な要因や習慣(くせ)があると、お口の中に色々な悪い影響を起こしてしまいます。

今回はこのくせについて取り上げてみますので、みなさんもチェックしてみて下さい。

 1)鼻での呼吸でなく、口で呼吸していませんか?

何かに夢中になっている時、口が半開きになってしまっている方がいらっしゃいますよね。
口呼吸は顎の発育に悪影響を与えるだけではなく、口の中が乾燥してしまうため、
虫歯や歯周病の原因にもなります。
また、口の周りの筋肉が緩んでしまい、歯列不正や不正咬合をもたらします。
対処法としては、まず耳鼻科で鼻の症状がないか確認してください。
鼻詰まりがあれば当然口呼吸になってしまいます。
もし耳鼻科で問題がなければ、早い時期からの歯科医師による口腔機能訓練が必要です。
口の周りの筋肉をしっかり鍛えることで、口唇が閉鎖しやすくなります。
また、軽い症状であれば「あ・い・う・べー体操 」が有効です。
「あ・い・う・べー体操 」知っている方も多いと思います。
口の周りの運動として大変効果があり、かなり信憑性も高いです。
「あ・い・う・べー体操 」については後日しっかりお話ししますが、早くお知りになりたい方は
ネットで検索して見てください。

2)よく噛まないで飲み物で流し込んでいませんか?

よく噛むことは顎の発育のために大変重要です。
よく噛むこと、すなわち咀嚼はとっても大事です。
噛むことで唾液もたくさん出てきて、消化を助けてくれます。
胃が痛い、胃がムカムカする、食欲がないなどの症状が改善する可能性があります。
よく噛んで食事しましょう。

3)指しゃぶり、舌のくせはありませんか?

指しゃぶりは上の歯の出っ歯や、開咬という前歯が全く咬み合わない状態の歯並びの原因になり、
しかも舌の悪い癖を作ってしまいます。
2~3歳になったらやめる方向で指導しなければなりません。
ですが、指しゃぶりは何らかのストレスのサインとも言われていますので、
ガミガミ注意せず見守ることも必要です。

舌のくせでは、常に舌を前に出していたり、歯を舌で押しているなどが見られます。
歯が動いてしまうなどの問題が生じます。
この様なくせがあって心配な方は、歯科医師や歯科衛生士にご相談してください。

墨田区 歯医者 にしざわ歯科 指しゃぶり

4)片方ばかりで噛んでいませんか?

虫歯の痛みや歯の生え変わりの時の影響で、片方ばかりで噛んで食べてしまう。
このようなくせが残ってしまうお子さんがみられます。
片噛みは顎の成長にかなり影響を与えます。
これが長く続くと歯並びのゆがみや顎の骨のゆがみにつながることがあります。
気がついたら止めさせるなど早期の治療が必要です。

5)ほお杖をついていませんか?

テレビをみたり勉強をしたりする時に、ほお杖をつく癖はありませんか?
ほお杖もやはり歯並びのゆがみや顎の骨のゆがみにつながります。
学校検診でも最近多くなってきています。
日常的なことですので家庭での注意が本当に必要です。

墨田区 歯医者 にしざわ歯科 頬杖

6)うつぶせで寝ていませんか?

寝ている姿勢はどうでしょうか?
上をしっかりむいている。横向きになって寝ている。
その中でいつもうつぶせ寝をされている方はいませんか?
うつ伏せ寝は、顎の骨のゆがみを起こす原因になります。


以上のくせは、全て歯列不正、咬合異常をもたらします。
くせを直すことは大変難しいと思います。
ですが、くせを直さずに成長してしまえば、その状態はもっと悪くなり、
将来矯正治療が必要になってしまいます。
また、それ以上に体への負担は大きいと思います。

そのために普段からお子さんの状態をよく観察してください。

くせが見つかった場合は本当に早めに歯科医師、歯科衛生士にご相談してくださいね。

 

精密な歯科治療を行うために

2021年12月11日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回は「精密な歯科治療を行うために」日々使っている歯科機材についてお話しさせていただきます。

突起物がメガネのレンズから飛び出ている、変なメガネをかけて治療をうけられ、
違和感を感じた患者さんは多いと思いますが、いかがでしょうか?

最近では医療を題材としたドラマや映画のなかでも、ご覧になった方は多いのではないでしょうか。
その中で主人公の外科医たちがこの眼鏡をかけて手術するシーンがたくさんでていますが、
覚えていらっしゃいますか?

この眼鏡は拡大鏡という物で、精巧なルーペが眼鏡と一緒にくっついたような物です。

最近は医科の手術ではこの眼鏡をかけて行うのが当たり前のようになっています。

細かい繊細な治療が必要な歯科の分野でも最近使われる先生が多くなりつつあります。

この拡大鏡は色々な国の色々な会社から販売されており、ピンからキリまであります。

私は、歯科だけに限らず、医療用全般の拡大鏡として最もシェアがある高性能の
「サージテル」という機種のルーペを使用しております。

歯科業界の会話でも「ルーペと言えばサージテル」と言われるくらい、
メーカーの中でも一流であり、信頼性があります。

サージテルを開発したアメリカにあるGSC社は、かつてジェット戦闘機のコックピットを設計していました。

開発担当者は戦闘機パイロットが頭を動かさずに視線を動かすだけで前方と計器の両方を見ることができる技術を開発しました。

サージテルはジェット戦闘機のコックピットの技術と同様、人間工学に基づいて設計されており、歯科医師も肉眼と拡大視野を自然に負担なく使い分けることができるということが特徴です。

私はこの拡大鏡を10年ぐらい前から使っていますが、その当時に使用していた歯科医はとても少なかったと記憶しています。

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。

特に歯の根は複雑な形状をし、肉眼では確認できないため、歯科医師の経験や勘に頼るしかありませんでした。

そこで、拡大鏡を使用することで精度の高い確かな治療を行えるようになりました。

これにより、今まで確認できなかった微小な虫歯まで確認でき、削る量も最低限に抑えることが出来るようになりました。

私は、使用当初は歯肉の下にある虫歯を削る時や、抜歯しなければならない位大きな虫歯の歯をなんとか残したいときに使うことが多かったです。

ですが最近では2種類の拡大鏡を使用し、100%ほぼ全部の治療で使用しています。

オークレーの黒いフレームのもの。これは拡大率が3倍です。

そして、白いフレームのもの。これはもっと大きく拡大でき、拡大率は6倍になってます。
通常は3倍の黒いものを使っています。

白い6倍の拡大鏡は最後の砦という感じで、ここぞという時に使用しています。

実際にこれをかけて治療するとお口の中がよく見えるのです。

抜歯かな?と、思う歯も今は結構残せる様になりました。患者さんにとっては吉報ですよね。

私の友人の歯科医は、患者さんからこの眼鏡を使って治療しているかどうかと電話での問い合わせがあったと言っておりました。

そんな時代なんですね。

それを聞いて、私はこの眼鏡を使って診療していることがやはり正しかったのだと改めて思いました。

皆さん、この眼鏡を使って治療を受けられてもビックリしないようにお願いしますね。

墨田区 歯医者 にしざわ歯科 サージテル

虫歯の治療方法

2021年11月30日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回は「虫歯の進行度合いによる治療法」についてお話しさせていただきます。

虫歯の治療は、穴の深さ、症状によって処置内容や回数が変わります。
誰もが痛くなく治療が終わってほしいと願っていると思います。

では虫歯の進行度合いを説明します。

C0(初期う蝕)

(治療方法)
この段階であればフッ素入りの歯磨き粉を用い、しっかりと歯磨きをすることで
再石灰化を促し虫歯を抑える事が可能です。

C1(エナメル質う蝕)

(治療方法)
コンポジットレジン修復
・治療内容
虫歯の部分のみを小さく削り、白いプラスチック(レジンという材料)を詰めます。
・治療手順
治療回数は1回です。
ほとんどの場合は局所麻酔は行いません。
虫歯を除去し、コンポジットレジン充填。その後きれいに研磨をして終了です。

コンポジットレジン修復の良い点
治療回数が少ない
削る量が少ない
白い詰め物を入れることが出来る

コンポジットレジン修復の悪い点
時間と共に変色や詰物の境に着色が目立つようになる
金属やセラミックと比較し柔らかいので、すり減ってしまう
ですので、再治療を少なくするため定期的な観察が必ず必要です

C2(象牙質う蝕)

(治療方法)
保険治療の場合
コンポジットレジン修復
C1の治療方法と同様です。

メタルインレー・アンレー・クラウン修復
・治療内容
比較的広範囲の虫歯や、古い詰め物がすでに入っていて、虫歯を除去したあと、
金属の詰め物やかぶせ物を入れます。
・治療手順
ほとんどの場合削る際に痛みを伴うので、局所麻酔を打ちます。
虫歯、古い修復物除去→型取り→金属装着の流れで治療を行います。

メタルインレー・アンレー・クラウン修復の良い点
最低限咬むなどの生活に支障はない
長い時間使っていてもすり減りにくい
保険治療なので安価

メタルインレー・アンレー・クラウン修復の悪い点
精度が低い
材料に制限があり経年的に虫歯や歯周病のリスクが高まる
銀色で見た目が目立つ
金属アレルギーを引き起こすリスクがある

自費治療の場合
セラミック修復、ジルコニア修復
・治療内容
保険治療のメタルインレー・アンレー・クラウン修復と同じです。
・治療手順
ほとんどの場合削る際に痛みを伴うので、局所麻酔を打ちます。
虫歯、古い修復物除去→仮歯作製→清掃→型取り→セラミック、ジルコニア装着
の流れで治療を行います。

セラミック修復、ジルコニア修復の良い点
材料が良く精度が高く接着剤の劣化も少ないため、虫歯や歯周病のリスクを下げることができる
金属アレルギーのリスクがない
色や形態が天然の歯に近く、美しい
時間を十分に取れるため仮歯でかみ合わせや審美性、清掃性を確認できる
結果長持ちし再治療を少なくできる

セラミック修復、ジルコニア修復の悪い点
割れてしまうことがある
自費治療なので高価になる

銀歯とセラミックの比較
セラミック修復は、銀歯と比較して自分の歯に近い自然な透明感のある白さと、自然な形態の回復ができます。
銀歯は外してみると中が虫歯になっている場合が非常に多く、
その原因としてはセラミックと比較して接着剤が劣化しやすいということがあります。
それは、適合精度が違うことや、銀歯と歯の間に隙間を作りやすく、
結果として二次的な虫歯が起きやすくなると考えられています。
また、銀歯自体は合金で銀、金、パラジウム、銅、インジウムなどで作られています。
これらの金属がお口の中でイオン化して溶け出すことで、金属アレルギーを起こす場合がある
と報告されています。
お口の中で金属アレルギーが起こっている場合は、ピアスやネックレスなどの肌に触れるアクセサリーなどと違い、わかりづらいことが多いので注意が必要です。

C3(歯髄まで達した齲蝕)

.保険治療の場合
根っこの治療+土台の作製+かぶせ物(メタルクラウン)
・治療内容
虫歯が歯の神経まで達しているため、神経を取り除かなければいけない。
その場合根管治療という歯の根っこの中の治療を行った後、
かぶせ物を装着するために歯の根っこに土台を作製しかぶせ物を作製していきます。
・治療手順
虫歯部分と神経の除去→歯の根っこ内の清掃→薬をつめる→
歯とかぶせ物をつなぐ土台を作製し形を作る→型取りしてかぶせ物を作製します。

根管治療後のメタルインレー・アンレー・クラウン修復の良い点
最低限咬むなどの生活に支障がなく、削れにくい
保険診療なため安価

根管治療後のメタルインレー・アンレー・クラウン修復の悪い点
精度が低い
材料に制限があり経年的に虫歯や歯周病のリスクが高まる
銀色で見た目が目立つ
金属アレルギーを起こしてしまうリスクがある

自費治療の場合
根管治療+ファイバーポストコア(土台)+セラミック、ジルコニアなどのかぶせ物
・治療内容
保険の根管治療と治療内容自体は同じです。
・治療手順
保険の根管治療と治療手順は同じです。

根管治療後のセラミック修復、ジルコニア修復の良い点、悪い点はC2と同じになります

以上のように虫歯の大きさによって治療法は変わります。
小さいうちに治療された方が早く治ります。

歯に症状が出たら早めに歯科医院を受診してくださいね。

お子様の歯が虫歯になったら・・・  保護者の方にお願いしたいこと

2021年11月16日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

「うちの子に虫歯ができてしまった・・」、と苦い経験のある保護者の方は多くいらっしゃると思います。

乳歯は永久歯と違い、お母さんのお腹にいるときに突貫工事のようにあっという間に出来上がった物で、その構造は永久歯と全く異なります。
乳歯は生後6ヶ月から8ヶ月という短い時期に下の前歯が出始めて、2歳ぐらいには20本の全ての乳歯が揃います。
それに比べ永久歯はゆっくりと体の中で作られ、5、6歳頃に前歯がまず交換され、12歳ごろに28本の全ての永久歯が揃います。
全く作られる年月が違うのです。

乳歯の特徴として

エナメル質が薄いということ。
神経の通り道が大きいということ。
歯そのものが小さいということ。

以上のような構造上、乳歯は虫歯になりやすく、小さい穴でもあっという間に神経まで到達して大きな虫歯に変わってしまいます。

お子様にもよりますが、1〜3歳での虫歯治療は大変難しいと思います。
まず、椅子に座ってじっとしていられないですよね。この年齢で大人と同じ歯を削る道具を使っての処置を考えてみてください。大人の方でも動いたりしては危ないのに、この年齢での処置は大変危険を伴います。まだ、小さい虫歯であれば定期的に観察していくことで、虫歯の進行を遅らせることもできます。ですが、神経まで到達してしまうような大きな虫歯ができてしまった場合は、大学病院などでの処置を行わないといけないかもしれません。

ですので、毎日の歯磨きで黒い点や小さな穴が見つかったら、勝手に様子を見るのではなく、早めに歯科医院を受診し治療を開始してください。
虫歯は早期に治療する方が時間も短く、簡単な処置で済みます。
そして虫歯治療を始めることになったら最後まで必ず通わせてください。
お子様の気分や保護者様の都合で、治療に連れて行ったり、行かなかったりすれば治療はスムーズにはかどりません。治療間隔が空いてしまうと小さなお子様の場合、嫌になってしまい治療がうまくいかないケースが多いです。

歯科治療を始めてから終わるまでにきっと様々な困難があり、保護者の方にも「通いたくない」と思うことがあるかもしれません。ですが、そこで通院を止めてしまったら子どもたちの虫歯は悪化する以外にありません。
放っておくことで一瞬虫歯の痛みが治るケースもあります。それは虫歯が進行しすぎて痛みさえも感じなくなっている状態かもしれません。そうなるといざ治療をしようと思ったときには根っこの治療が必要となり、時間も治療回数も多くなりとても大変なことになってしまいます。

予防処置を目的とした定期検診のため年に何度か歯科医院に通院することは、歯科医院の雰囲気に慣れ、小さな虫歯の早期発見はもちろん、いざ治療になったときにスムーズに治療が行えるという面でもとてもメリットがあります。
虫歯になって急に歯科医院に連れて行かれても、怖い雰囲気や痛い注射が嫌で泣き出す子もいるはずです。大人だって嫌な所ですものね。子どもたちはなおさらではないでしょうか。

もちろん、虫歯はつくらないに越したことはありません。ぜひお子さんのお口の中に黒い点や、虫歯がみつかったら、保護者の方は少し様子をみようかなではなく、早めに歯科医院の受診をしてください。

小さい頃からかかりつけの歯科医院を持つことはとても大切なことなのです。

 

 

お子様の歯について 検診をしてみて

2021年11月5日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

先日、私が学校歯科医をしている隅田小学校に、来年新一年生になるお子様80名ほどを迎えた就学前歯科検診に行ってきました。

たくさんの可愛いお子様の笑顔や、キャッキャ、キャッキャという可愛い声が日頃の仕事場とは違いほっこりとした気分にさせてくれました。

歯科検診では緊張しているせいか、なかなかお口を開けてくれなかったり、怖くて今にも泣きだしそうなお子様もいましたが、多くのお子様は元気に大きなお口を開けて、しっかり歯を見せてくれました。

検診の結果としてはほとんどのお子様に虫歯はみられず、虫歯があってもしっかり治療されており、お口の中も大変きれいに磨けていて、みなさんとても良い状態でびっくりしました。

隅田小学校の学校歯科医になって数年経ちますが、年々虫歯のあるお子様が少なくなってきていると本当に実感しています。

やはり、保護者の方が歯に関心を持って、歯の大切さを感じ、しっかりお子様の歯磨きを毎日してくださっているからだと思います。

ぜひこのまま、小学校に入学されるまで毎日しっかり歯を磨いていただきたいと思います。

ですが一つ、大変気になることがあります。

それは、「歯並びが悪くなってしまうだろうな」と思われるお子様が大変多かったことです。
近年の食生活の変化からか、しっかり噛んで食事をするということが少なくなってきていることも原因の一つと思われます。

顎の小さいお子様が周りに多くなってきていると思いませんか?

歯の大きさは変わらないのに、顎が小さくなってきたため歯が並びきらず、歯がデコボコしてしまうケースを多く見かけます。

小学校の検診で3、4年生以上になると、本当に多くのお子様にこのようなことが見られます。

また、歯が重なってしまった結果として、虫歯ができてしまったというケースも少なくありません。

これからは、虫歯を作らないということは当たり前ですが、歯並びを良くすることにもぜひ関心を向けていただきたいと思います。

人生100年時代を迎えると巷ではよく耳にします。

綺麗な歯並びはお顔の印象を変えます。

自分の笑顔に自信をもって生きていけるって素敵じゃないですか。

お子様の歯が少しでも重なってきてしまった場合は、早いうちに歯科医師にぜひご相談ください。

早い時期から適切な治療計画を持つことで事で、一生きれいな歯並びを手にすることができると思われます。

今回、就学前検診の感想を述べましたが、数年後には多くのお子様の歯並びが良くなっていることを切に願います。

虫歯の進行度合いについて

2021年11月1日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回は「虫歯の進行度合い」
についてお話しさせていただきます。

ではまず、歯の構造について簡単に説明しますね。
歯の表面から白い部分のエナメル質(鎧のように固い)、
その下にあるのが象牙質(柔らかく細い管がたくさんある)、
さらに下にあるのが歯髄(しずい、神経と言うこともあります)
三層から歯はできています

どこまで虫歯で歯に穴があいているか?
つまり虫歯がどの部分まで進行しているかで、症状が変わってきます。

よく歯科検診で、C0(シーオーと呼びます)、C1、C2、C3、C4
とか聞いたことありますよね。

数字が大きいほど虫歯が大きいということを意味します。
大事なことなので覚えておいてくださいね。

では虫歯の進行度合いを説明します。

C0(初期う蝕)

歯の表面が少し溶け始め、虫歯が始まっている状態です。
穴が開いてしまったり、痛みを感じることはほぼありません。
この段階であればフッ素入りの歯磨き粉を用い、しっかりと歯磨きをすることで再石灰化を促しむし歯を抑える事が可能です。

C1(エナメル質う蝕)

歯の表面のエナメル質だけに虫歯で穴があいた状態です。
ほとんどの場合は痛みなどはありません。
ですが、放置すればどんどん虫歯は進行してしまいます。
理想を言ってしまえば、C1になる前のC0の段階で歯磨きを徹底するなどして治しておきたいものです。

C2(象牙質う蝕)

エナメル質を突き破って、象牙質に達した虫歯です。
血管や神経の通っている歯髄には達していないので、強い痛みはありません。
しかし、象牙質には知覚があるので、冷たいものや酸っぱいもの、甘いものが染み始めます。
直接触れると痛みを感じることもあります。
「なんかしみるなー!」と思って来院された患者さんによくみられる齲蝕です。

C3(歯髄まで達したう蝕)

虫歯が歯髄に達し、歯髄に炎症を起こし、神経を除去しなければいけない状態です。
眠れないほど強い痛みが出たり、冷たいものを飲むとズキっとする、痛すぎて全く咬むことができないなどの症状を訴える患者さんが多いです。
神経が死んでしまうと細菌が歯の根っこの外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れてしまいます。

C4(根っこだけ残っている状態)

虫歯菌により歯の頭の部分はすっかり溶けて根だけになった状態です。
専門的には「残根状態(ざんこんじょうたい)」といいます。
激しい痛みは治まりますが、歯を残すことはできず、残念ながら抜歯を行わないといけない状態です。
痛くなくなったからといって虫歯菌が死滅したわけではなく、そのまま放置しておくと、根の先に潜んでいる虫歯菌によって痛みが起こり、顎の腫れや発熱などの全身症状が起こる「骨髄炎」を引き起こしてしまい、最悪な場合入院処置が必要になります。

このように、「CO、C1、C2、C3、C4」は虫歯の進行度を表すものです。

虫歯は、風邪と違って自然治癒しません。放置すればするほど悪化します。
痛い、滲みるなどの自覚症状を感じ始めたら、虫歯が小さいうちに適切な処置を受けることが大切です。
自覚症状を感じたら、できるだけ早く歯科医院を受診してください。
その行動が、歯を一生残していただける近道です。

また、虫歯・歯周病にならないため定期検診は必ず受診しましょう。

 

院長の独り言 Part 1

2021年10月9日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回はちょっと日頃思っていることを、お話しさせていただきたいと思います。


『忙しくて歯医者に来る時間がないので、すぐに詰めちゃってください!』

『お口の掃除に何でそんなに時間がかるのですか?』
『歯石はいつも1回でちゃちゃっと取ってもらってたから、今回もそうして!』
『歯石なんかどうでも良いから、治療だけして!』

このような方が時々いらっしゃいます。

本当にこれで良いのでしょうか?

皆さんどう思われますか?

そこで、こんな患者さんのために【ウルトラマンの話】をいたします。

私たち、にしざわ歯科医院のスタッフは、常々ウルトラマンになりたいと思っています。

恐ろしい怪獣をズバッとやっつける、あのウルトラマンです。
わかりますか?
時代が古すぎてわからない方もいらっしゃるかもしれませんね?
わからない方はググってみてください。

たとえば、街(お口の中)怪獣(ムシ歯菌、歯周病菌)が暴れだしたとします。
どんどん建物(歯や歯ぐき)を壊しています。

これはまずいということで、地球防衛軍(自己防衛能とお口の免疫力)
怪獣にミサイルを撃ち込んで応戦を始めますが、あまり効き目がありません。

ああ~困った、もうこの世も終わりだ~!て時に、
ウルトラマン(歯科衛生士や歯科医師)が現れるんですね~。

やったぁ!!ウルトラマン(歯科衛生士や歯科医師)
怪獣(ムシ歯菌、歯周病菌)をやっつけてくれるんだぁ!!

助かった!!
みんながそう思ってホットしているのもつかの間。

なんとウルトラマン(歯科衛生士や歯科医師)は、怪獣(ムシ歯菌、歯周病菌)には
目もくれないで、倒れた建物を一生懸命せっせと建て直し始めました。

あれ?『おーい!怪獣をやっつけてくれるんじゃなかったのか!?』

怪獣はそんなウルトラマンを横目に見て、喜んでまた建物をどんどん破壊しはじめました。
見ると、ウルトラマンは怪獣を横目に見ながら泣いています。

皆んなはそれを見てガッカリしています。

どうです?こんなウルトラマン、いらないですよね!
チャンネル変えちゃいますよね。

ムシ歯菌、歯周病菌(怪獣)のコントロールをほっといて、歯の治療を進めていくのは
実はこのウルトラマンと同じことをしているのです。

にしざわ歯科医院はこんなウルトラマン(歯科衛生士や歯科医師)にはなりたくありません。

もし、私たちが怪獣に立ち向かう勇気あるウルトラマンになれたとしても、
怪獣が強いときは一回の攻撃でババッとやっつけられないこともあるのです。

それだけ、あなたの怪獣(お口の中のバイキン(ムシ歯菌、歯周病菌))は強くてしつこいのです。

わかっていただけましたでしょうか?

当院では治療の前の菌のコントロールに重点を置き、
お口の中の環境をしっかり整えてから治療に入らせていただいております。

そうしないと治療後に良い結果が出ないことがわかっているからなんです。

ですが、当然お痛みが強い場合などには、
先に痛みのコントロールをしっかり行いますのでご安心ください。

ご理解いただけましたでしょうか?

そして、最後まで読んでいただきありがとうございました。

院長 西澤克哉

インプラント手術は痛いのですか?

2021年9月25日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

皆さまは、「インプラント治療」について、どのような印象をお持ちでしょうか。
最近、色々なところから耳にされる機会が増えてきたのではないかと思います。
「痛そう」「怖そう」などネガティブな印象があるのではないでしょうか?
インプラント治療を受ける前の気になる「痛み」について、
手術中に考えられること
手術にはどの程度時間が掛かるのか
終わった後どれぐらい痛いのか
などをお話しさせていただきます。

インプラント手術の痛み・麻酔について

インプラントの手術中は痛い?

インプラント手術は特殊な麻酔などはせず、歯を削る時などと同じ「局所麻酔」を行います。
患者様は基本的に痛みを感じることはありません。
麻酔の効き方に個人差がありますが、万が一途中で麻酔が切れた際も、適時追加投与を行いますので、ご安心ください。
また、院長は日本国内で数少ない歯科麻酔医の認定医を持っておりますので、患者様に安心して、痛くない治療をご提供できます。

手術にかかる時間

施術に際し入院は必要なく、日帰りで施術が可能です。
インプラント手術にかかる時間は、埋入するインプラントの本数および骨移植の有無によって異なります。
埋入するインプラントの本数が多くなるほど、手術時間が長くなります。
また骨造成が必要で、その量が多いほど時間がかかります。

インプラントの術後は痛いのか?

インプラントの埋め込みが終わった後麻酔が切れてからの2、3日間は、歯を抜いた後に感じるような痛みがあります。
痛み止めを服用し痛みのコントロールを行います。
手術時に骨造成など補填剤投与や顎の骨を削り高さ調整を行った場合は、術後4、5日間頃に、腫れを伴う痛みがあります。
術後一週間が経過した頃に抜糸を行うため、それまでほっぺたなどに糸が当たってチクチクとした痛みが感じられます。

インプラントで痛みが出ないために

手術当日は、出来るだけ安静な日常生活を送ることを心掛けましょう。
当日はシャワー程度にしていただき、激しい運動は控えていただくことが賢明です。
手術後、帰宅して食事を摂ることが可能です。
辛い食べ物を食べたり、飲酒が原因で痛みや炎症が増してしまうことがあるため控えておきましょう。
喫煙により血行が悪くなり、骨とインプラントの結合および粘膜の治癒に悪影響を及ぼします。
手術前には禁煙することが推奨されます。

不安や胸のつかえは多少なくなりましたか?
基本的に、施術中は局所麻酔が効いているため、痛みを感じることはなく、施術後に生じる痛みや腫れには、それぞれに応じた対処方法があります。
いくつかの注意点に留意し日常生活を送っていただければ、悪化する心配はほとんどありません。

 

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0336110534へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜日・日曜日・祝祭日
▲ 土曜日午後は14:30〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
にしざわ歯科医院の外観
にしざわ歯科医院の求人情報
フッターオファー
© 2019 にしざわ歯科医院