墨田区鐘ヶ淵、東武スカイツリーライン鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者 にしざわ歯科医院


電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

インプラント手術の方法は?

2021年9月5日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回はインプラントの手術にはどのような方法があるのかについてお話しさせていただきたいと思います。

インプラント手術の方法

インプラント治療では、インプラント体を顎の骨に埋めこむ外科的手術が必要となります。

インプラント手術の方法

インプラント体を埋めこむ手術には1回法と2回法があります。
1回で済む術式が1回法、手術が2回必要な術式が2回法です。
症例により1回法、2回法を選択し行います。
では、それぞれについてご説明いたします。

1回法のインプラント手術方法

1次手術
まず粘膜を切開し、顎の骨にドリルで穴を開けてインプラントを埋め込みます。
1回法では、粘膜の上にインプラントが露出するようにし、すぐにアバットメントという土台を取り付け縫合します。2次手術は必要ありません。
骨およびインプラント周囲の粘膜が治癒したら、人工歯の型取りを行います。

2回法のインプラント手術方法

1次手術
1回法と同様、1回目の手術でインプラント体を埋め込みます。
粘膜を切開し骨を露出させ、ドリルでインプラントを埋入するための穴を開けます。インプラントを埋め込み、粘膜を元通りに合わせて縫合します。インプラントは粘膜の下に完全に覆われている状態になります。

2次手術
2次手術は、インプラントと骨が結合するのを待ってから行います。
粘膜を切開し、埋め込んだインプラントを露出させ、アバットメントという土台を取り付けます。インプラント周囲の粘膜が治癒したら、人工歯の型取りを行います。2次手術は、1次手術に比べて手術の侵襲(身体的負担)は少なく、短時間で終了します。

1回法・2回法インプラント手術方法の比較

1回法のインプラント手術方法

インプラントを粘膜の上に露出しても問題ないとき
手術が1度で済むので、身体的負担が少ない
2回法で行うより治療期間(手術してから最終的な被せ物が入るまでの期間)が短い
1回法で骨移植を行う事もありますが、大きな骨移植では2回法を選択します

2回法のインプラント手術方法

インプラントを粘膜の上に露出させないので感染のリスクが少ない
インプラントを早期に露出させると、外力により骨との結合が阻害される可能性がある場合
骨移植を行ったりして、感染のリスクが高い場合
手術が2度必要になるため、1回法よりも身体的負担が多い
治療期間(手術してから最終的な被せ物が入るまでの期間)は1回法よりも長い

研究データによると、1回法・2回法での治癒に差はありませんが、術式は歯科医師の判断により選択されます。

当院は患者さんにはなるべく負担の少ない方法で行えるよう、術前によく精査し行っております。

また、インプラント手術の外科担当医は院長並びに、大学病院歯科口腔外科の教授が行いますのでご安心ください。

 

歯を失ったときの治療方法は

2021年8月25日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵
鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」
院長 西澤克哉です。

今回は歯を失ってしまったときどうしたら良いのか。
また、どんな方法があるのかについてお話しさせていただきたいと思います。

歯を失った時の治療法は3種類。
失った歯を補う治療には主に

1.取り外し式の「入れ歯」
2.固定式の「ブリッジ」
3.そして「インプラント」

以上、3つの方法があります。
その中でも、インプラントは入れ歯やブリッジの欠点を解決した最も歯に優しく安全性の高い治療法といえます。
インプラント治療が普及し、治療方法の選択肢が増えましたが、患者さんにとっては選択が難しくなったかもしれません。
インプラント治療とその他の治療方法のメリット、デメリットについてまとめてありますので、その違いを比べてみてください。

治療法の選択肢

失った歯の本数や、残っている歯の状態によって、選択できる治療法は変わってきます。
入れ歯は欠損状態や残った歯の状態にかかわらず、ほとんどの症例で適応となります。
一方、ブリッジは欠損した歯の数が多い場合や残っている歯の状態が良くない場合はできない事があります。例えば、全ての歯がない場合や奥歯が連続して何本か無くなってしまった場合などは、支えになる歯がないので、ブリッジの適応外となります。
インプラントは、1本~数本欠損している場合でも、全ての歯が欠損している場合でも治療の選択肢となりますが、骨の状態・全身の健康状態によっては治療が難しい事もあります。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

治療期間が短い
保険適応内の入れ歯は安価で作れる
治療期間や治療回数が比較的短い
ほとんどの歯を失ったケースで適応となる
など

デメリット

咬みにくい
厚みがあるため異物感がある
熱が伝わりにくく味がわかりにくい
入れ歯は動くため、外れたり、歯ぐきに痛みが生じる事がある
部分入れ歯の場合、支えとなる歯に負担がかかる。また、金属のバネをかける必要があり、見た目がよくない
取り外しが面倒
安定しないため食べ物が挟まる
など

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

治療期間が短い
自分の歯のように噛むことができる
手術の必要がない
保険の適応があり。費用が抑えられる(銀色の歯を使います)
など

デメリット

ブリッジの支えとなる歯を削らなければならない
支えとなる歯に負担がかかる
支えとなる歯の状態が良くない場合、ブリッジができない
欠損歯数が多いと、ブリッジができない事がある
支えとなった歯に大きな力がかかるようになるので、もともと健康であった歯の寿命を縮める恐れがある
保険治療適用の場合、銀歯とプラスチックの素材で作られるので、見た目が悪い
ブリッジと歯茎の間に食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因になりやすい
など

インプラントのメリット・デメリット

メリット

他の歯に負担をかけない
自分の歯のように咬み心地が良い
入れ歯のような異物感はない
歯が1本~数本欠損している場合でも、全部欠損している場合でも治療の適応となる
取り外したりする手間がない
自然で美しい口元に仕上がる
など

デメリット

手術が必要
費用が高額になる
インプラントの治療期間は、平均して6~24週間ほどで、入れ歯やブリッジよりも長くかかります。骨が少ない場合、施術できなかったり、骨を作る治療が必要になる
全身状態によっては、手術が難しい場合がある
など

簡単ではありますが、以上の通りです。どの方法でやるかは主治医とよく相談し、後悔しないようにゆっくり決めていただきたいと思います。

インプラントを考えるタイミングと注意が必要なお身体の状態

2021年8月17日

こんにちは。
墨田区鐘ヶ淵 鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」

院長 西澤克哉です。

今回はいつインプラントを考えたら良いのか。また、どんな方はインプラント治療を受けられないのかについてお話しさせていただきたいと思います。

インプラント治療の適応

インプラント治療は、すでに歯を失った部位に対して行う治療です。もしくは、これから抜歯をしなくてはいけない場所に、抜歯後にインプラントを行うこともできます。歯を1本~数本失った場合はもちろん、すべての歯を失った場合もインプラント治療の適応となります。

歯周病やむし歯によって歯を失った場合

歯周病や大きな虫歯で歯を抜いてしまった場所にインプラント治療により歯を補うことが可能です。

歯根破折または外傷により歯を失ってしまったとき

何らかの外力によって、歯が折れたり抜けてしまうことがあります。歯の根っこが折れた場合、多くは抜歯の適応になってしまいます。また。事故により歯が抜けてしまった場合なども、インプラント治療により歯を補うことが可能です。

生まれつき歯の本数が足りない

生まれつき乳歯も永久歯もなく歯が生えてこない場合や、乳歯が抜けたあと永久歯が生えてこない場合など、その空間にインプラント治療することで歯を補うことが可能です。

 

インプラント治療ができない場合

重度の歯周病の場合

歯周病の原因となる歯周病菌がインプラント周囲の粘膜に感染して、インプラントのまわりの炎症リスクが高まります。
逆に、歯周病を治療した場合は定期検診とメンテナンスを行うことで、インプラントは長期的に予後良好に維持されることが研究結果により証明されています。

糖尿病がひどい場合

血糖値が上手にコントロール出来ていない状態では、インプラントが骨とうまく結合しないリスクが高まります。逆に血糖値が上手にコントロールされていれば、インプラント治療の成功率は健康な方と遜色ないことが研究でわかっています。

成長期の方

骨が成長している途中でインプラント治療を行うと、骨の成長が妨げられてしまいます。だいたい、通常は20歳以降を目安にインプラント治療を行うと良い結果であることが報告されています。

一般的に外科処置を受けられない方

  • 免疫機能が著しく低下した状態
  • 6か月以内に心筋梗塞の既往がある場合
  • 妊婦の方上記の方は原則外科処置ができません

インプラント治療で注意が必要な方

  • 放射線治療
  • ビスフォスフォネート製剤
  • 癌治療のため化学療法
  • 抗凝固剤
  • 免疫抑制剤

上記の治療を行っている(行った)場合、全身状態および治療内容によりインプラント治療ができない場合があります。主治医の先生と事前に相談する必要があります。

タバコを吸われている方

喫煙により、ニコチンがお口の粘膜の毛細血管を収縮させます。これにより、粘膜の血行が悪くなってしまい免疫機能が低下することで傷の治りをかなえい悪くしてしまいます。
インプラント手術後の傷の治癒が遅れると、長期的にはインプラント周囲の環境が悪くなり、予後不良になるケースが多く報告されています。また、他の歯にも影響が出やすく、周りの歯は歯周病になりやすく、結果インプラントがダメになってしまいます。
インプラントおよび残っている歯を健康な状態で長く使っていただくため、禁煙することが推奨されています。

骨の量が少ない方

インプラントは顎の骨に埋め込みます。骨の量が不足していると、手術時にインプラントがしっかり固定することが出来なかったり、長期的にはインプラント周囲の骨が溶けてしまいだめになってしまう可能性が高まります。
骨の量が不足している場合は、十分な精査を行い、必要な予備手術をしてからインプラント手術を行わなくてはなりません。

インプラントとは

2021年8月1日

こんにちは。墨田区鐘ヶ淵 鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者「にしざわ歯科医院」

院長 西澤克哉です。

今回から数回に分けて患者様からお問い合わせが多い、インプラント治療についてお話しさせていただきたいと思います。

【インプラントって?】

「インプラント」とは、医療目的で使用される、体内に埋め込まれる医療機器や材料の総称のことを言います。整形外科では、人工関節などによく使われいています。(プレート、スクリュー、ボルトなど)
歯科でのインプラントは「デンタルインプラント(歯科インプラント)」と呼ばれ、インプラント治療が普及してきたため、現在総称して「インプラント」と呼ばれるようになりました。

【インプラントとはいつから行われているのですか?】

1952年、スウェーデンの整形外科医・ブローネマルク博士が、動物実験中に偶然、骨の中に埋め込まれたチタンを撤去できなかったことから、チタンが骨と強固に直接結合しているという事を発見し、生体に対して害を与えない金属であることがわかりましたました。その後、チタン製の歯科インプラントの研究・開発が始まり、ブローネマルク博士は1965年に初めてチタン製インプラントを実際に患者の顎骨に埋入しました。このインプラントは、患者が2005年に亡くなるまで40年間機能し続けました。その後、徐々にデータが蓄積され、1980年代には世界中から評価を得るようになりました。日本で初めてチタン製インプラントによる治療が行われたのは、1983年と言われています。

【現在のインプラント治療は?】

現在では歯を失った場所に、ネジのような形をした人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯を補う治療がメインとされるインプラント治療です。インプラント自体の材料には、先ほどお話ししたように純チタンあるいはチタン合金が使用されています。チタンは生体親和性にすぐれ、骨と直接、強固に結合する性質を持っています。また、アレルギーが起きにくく、生体内で長期的に安定しているため、歯科および整形外科でもインプラントとして多く使用されています。一番の魅力は、歯本来の機能と見た目を回復できるということです。機能回復においてインプラント治療よりも優れる治療法は現在ありません。また、違和感も少なく、食事の際には自分の歯と同じように噛むことができ、快適に感じます。また、入れ歯と違い、インプラントは自分の歯と同じように強く咬むことができたり、思いきり笑ったり、はっきりと話ができるようになったりと、生活の質(Quality of Life)を向上させる治療方法として、日本でもかなりのスピードで普及していきました。失った歯を人工の歯で補う方法は他にもありますが、健康な歯に負担をかけずに補うことができるのはインプラント治療のみです。そのため、インプラント治療を選択するということは周囲の歯の寿命を延ばすということにもなります。もちろんインプラントそのものの寿命も他の治療法に比べるととても長くなっています。ですので、インプラント治療した歯が第二の永久歯と呼ばれるのはそのためです。

お子さんの前歯が抜けてしまったら、あなたはどうしますか?

2021年6月30日

まず、抜けた歯は元に戻るのでしょうか?

歯根膜という歯の周りにある膜が生きているかどうかが問題です!
歯根膜が生きていれば歯を元の穴にもどす事で、歯は生き返ります。つまり歯が再び生き返るかどうかは歯の接着剤である歯根膜の生死にかっかっているのです。

歯根膜が死んでしまうと新しい歯を作る細胞が作られませんので、歯の神経は死んでしまい、ひどくなると歯が外側から溶けていってしまいます。
そうなると歯は抜かなければならくなってしまうのです。

歯が完全に抜けてしまったら?

1.すぐ拾って、軽く洗ってください。洗いすぎると歯の歯根膜を流してしまうので気をつけて下さい)

2.勇気があったら元の場所に戻して下さい!それが出来ない場合は口の中(唾液)、牛乳、コンタクトの保存液の中に入れて下さい。歯根膜は乾燥に弱いです。ティッシュニくるまないで下さい

3.そしてすぐ歯科医院に来て下さい!

歯を救う重要ポイント

  • 焦らない!
  • 抜けた歯を忘れない!
  • 歯を乾燥させない!
  • 出来るだけ早く歯科医院にくる!

です。忘れないでくださいね!

 

ホワイトニングについて

2021年6月28日

歯の漂白方法、ホワイトニングって知っていますか?

歯を削ることなく白くする方法のことを言うんです。え~歯を削らなくって大丈夫なの?っと、びっくりする人もいることでしょう。
ホワイトニングは診療室で歯を強制的に白くする方法と、ご家庭で寝ている間にゆっくりと白くする方法があります。
ホワイトニング先進国のアメリカでは家でやる方法がほとんどです。
当院はその両方の長所を利用した、デュアルホワイトニングという方法で行っています。
この方法は、週に1回診療室で歯を白くしやすい環境を作ってあげて、後は1週間寝ている間に薬をゆっくり歯にしみ込ませてあげます。
これを4回繰り返して完全に歯を白くさせていきます。
よく体に害とかないのという声を聞きますが、消毒薬が成分なのでまったく害はありません。ですが、治療の副作用として歯がしみてしまうということがあります。
でも、リカバリー方法も確立されているので心配はないんですよ。
私は性格的に完璧なものしか患者さんにはお勧めしないので、今回の方法で当院スタッフを人体実験に使ってしまいました〜。
最初は嫌がっていたスタッフも歯が白くなると、やってよかった!!

もっと白くして!!などと調子に乗っていました。

スタッフの何人かは真っ白の歯になっていますので、興味のある方はマスクとってといってください。
また、もっと詳しく知りたい方はスタッフまでお声をおかけ下さい。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0336110534へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜日・日曜日・祝祭日
▲ 土曜日午後は14:30〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
にしざわ歯科医院の外観
にしざわ歯科医院の求人情報
フッターオファー
© 2019 にしざわ歯科医院