墨田区鐘ヶ淵、東武スカイツリーライン鐘ヶ淵駅西口より徒歩3分の歯医者 にしざわ歯科医院


電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

マタニティ歯科

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

妊婦さんのお口の環境を良い状態に維持することは、ご自身の健康を守り、お腹の中の赤ちゃんの安全を守り、産まれてくる赤ちゃんへの最高の虫歯予防と歯周病予防というプレゼントを送ることになります。

マイナス1歳から始める虫歯予防

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

赤ちゃんは、お口の中に虫歯菌を持たずに生まれてくることをご存知でしょうか?
では、どこから虫歯菌が入って来るのでしょうか?

虫歯菌は、日常生活をともにするご家族など、身近な方から知らないうちに赤ちゃんに感染してしまうものです。特に、赤ちゃんと接することが一番多いお母さまが、お子さまに虫歯菌を移してしまう原因になることが多いと報告されています。
お子さまを虫歯から守るため、当院ではご出産前(マイナス1歳)から始める虫歯予防をおすすめしています。

近年の研究発表では、妊娠中のお母さまが歯周病にかかると、早産・流産・低体重児出産の危険性が高まることが明らかになっています。授かった赤ちゃんが無事健康な身体で生まれてくるよう、妊婦さんは虫歯予防や治療など、ご自身のお口の健康管理の意識を高めていただきたいです。

お母さまが虫歯にかかると、お子さまも虫歯になりやすくなります。
お母さまに虫歯があるそのお子さまは、お母さまに虫歯がないお子さまより、虫歯になる確率が高いというデータが出ています。お母さまが虫歯菌を保有しているためにお子さまに移しやすい、または、ご家庭の生活習慣の影響など、原因は色々と考えられます。
お子さまのお口の環境を健やかに保つためには、まずはお母さまが虫歯のない健康なお口の状態をキープすることが早道といえます。
お口のケアをこまめに行うことが大変大事なことと言えます。

妊娠中に起こりやすいお口のトラブル

歯周病

妊婦さんは虫歯や歯周病になりやすいものです。
妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが増加することにより、歯周病になりやすくなります。
近年の研究では、歯周病と早産や早期低体重児出産との関連性が報告されているため、妊娠期の歯の検診や予防メンテナンスの重要性が報告されています。

虫歯

妊娠中は粘膜組織の変化や、細菌に対する抵抗力が低下するなど、お口の中に細菌が溜まりやすい状態にあるとされています。また、つわりで歯磨きが辛くなる人も多く、十分なケアができないことや、嘔吐した胃酸が歯の表面を溶かして、歯垢や汚れが歯に付きやすくなってしまうことが原因です。どうしても歯磨きがつらい時には、食後にうがいをする、お茶を飲む、キシリトールガムを噛むだけでも予防につながります。

妊娠性歯肉炎

妊娠中はホルモンバランスが変化する時期。ホルモンバランスの変化によって起こる妊娠性歯肉炎は、特に初期の妊婦さんに多い疾患です。
一般的な歯肉炎と同じように、痛みがありません。知らない間に進行してしまいやすいのが特徴です。

妊娠性エプーリス

妊娠性エプーリスとは、良性の腫れ物で、ホルモンバランスの乱れのために歯ぐきが大きく膨らんだ状態です。産後、自然に消失するケースが多いのですが、どうしても気になるという時はご相談ください。

妊娠中の歯科治療のタイミングについて

【安定期】での治療が最もおすすめです!

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

歯科治療をお受けになる場合は、最適な時期を選びましょう。
虫歯や歯周病の治療に向いている時期は、安定期(妊娠中期)です。
不安定な妊娠初期や、お腹が大きくなる妊娠後期は、治療の体勢をとるだけでつらくなる妊婦さんもみられますので、なるべく避けたほうが良いと思われます。
出産して落ち着いてからでもよいかな?、思っていても、実際には赤ちゃんを出産されると思いのほか忙しく、通院が後回しになってしまうケースを多く見かけます。

妊娠中は虫歯・歯周病リスクが高まりますので、妊娠初期と出産後にそれぞれ歯科検診を受診されることをお勧めします。
墨田区にお住まいの方は妊娠前、出産後に歯科検診を無料で受けられますので、それを使って歯科医院の受診をお勧めしています。

妊娠初期(~15週)

赤ちゃんの体が作られる大切な時期ですので、なるべく治療は避けたいです。しかし、治療の必要があれば最小限にとどめ、できる限り赤ちゃんへの影響を少なくします。

妊娠中期(16週~27週)【安定期】

お母様も赤ちゃんも比較的安定している時期なので、この時期に積極的に必要な治療を進めていきます。あわせて、妊娠中は歯周病も進行しやすい状態にありますので、お口のクリーニングを受けて予防しましょう。

妊娠後期(28週~)

治療は可能ではありますが、診療チェアに寝ていると腰が痛くなったり、気分が悪くなったりしやすい時期です。必要あれば応急処置の治療を行っていきます。ですので、なるべく妊娠中期に治療を終わらせておきましょう。

出産後・授乳中

症状に合わせて治療が可能です。必要に応じて授乳中に危険注意記載のない抗菌薬や安全性の確認されている痛み止めを選択します。

赤ちゃんの健康な歯はお母様の食事から

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

一般的に妊娠初期から胎児の歯の発育が進むことから、この時期にお母様の栄養状態が、赤ちゃんの歯の強さや虫歯のできやすさに影響すると考えられます。
食べ物は、赤ちゃんの歯を作るのに大事な栄養素であります。バランス良く食事を取ることが大事です。

これらの様な食べ物は特に大事です

  • 牛乳
  • チーズ
  • 豆腐
  • ひじき
  • しらす干し など

妊娠中の歯科治療に関する不安点について

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

歯科に行きたくても、レントゲン撮影(エックス線撮影)、抗生剤、局所麻酔や詰め物など、お腹の中の赤ちゃんが心配でためらわれる方もいらっしゃるかも知れません。
または、体や心の状態が安定せずに治療をしたくてもなかなかできないということもあるかもしれません。
そうした気持ちやお悩みに寄り添い、治療の必要があればしっかりと説明を行い、最善の治療が叶うようフォローさせていただきます。

レントゲン撮影(エックス線撮影)について

照射位置をお腹から離し、防護カバーをして頂くほか、当院で使用するエックス線はデジタルエックス線写真撮影装置ですのでエックス線量は少なく胎児への影響は心配ありません。

抗生物質や痛み止めについて

薬剤につきましては産婦人科のご担当医と相談の上、なるべく胎児に影響の少ない安全なお薬を処方させていただきます。

治療に使う局所麻酔について

麻酔は局所にのみ効果を発揮しますので胎児への影響はほぼございません。
当院では妊婦さんになるべくストレスを与えない様、考えた治療を進めてまいります。

他にも色々な不安点があるかと思いますが、いつでもお気軽にご相談下さいませ。

お口のケアをこまめに行うことが大事です

起床したら歯磨きを!

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

お口の中の細菌は、寝ている間に繁殖します。
朝起きてすぐ歯磨きをすることは、お口の中で増殖した細菌を除去できるので効果的です。
舞食後や、就寝前の歯みがきはできたら必ず行ってください。

つわりでつらい時は「うがい」を!

墨田区鐘ヶ淵 にしざわ歯科医院 マタニティ歯科

妊娠中はつわりなどで歯みがきするのがつらい時もあります。
そういった時は「うがい」でお口の中を洗浄してください。
フッ素入りのマウスウォッシュを使って、こまめに行うと効果的です。
つわりが落ち着いたら、こまめな歯磨きに戻してください。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0336110534へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜日・日曜日・祝祭日
▲ 土曜日午後は14:30〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
にしざわ歯科医院の外観
にしざわ歯科医院の求人情報
フッターオファー
© 2019 にしざわ歯科医院