電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

小児矯正

小児矯正のもっとも大きなメリットは
顎の発育を治療に利用できるということです

子どもの矯正治療は、
ただ歯並びをきれいにするだけではありません

小児矯正歯科

お子さんの骨格の成長を利用して
治すことができるという大きなメリットがあります!

小児矯正のもっとも大きなメリットの1つが、
顎の発育を治療に利用できるということです。

大人になってから矯正すると大変な歯並びの問題でも、
子どもの場合、治療に成長を利用できるので
比較的簡単な装置を利用して短期間に治療を終えることができます
また歯並びの改善だけでなく、以下のメリットもあります。

  • 正しい歯ならびになることで、
    食べ物をしっかり咬んで食べることができるようになります。
  • 正しい骨格になることで鼻づまりや口呼吸が改善し、
    正常な鼻呼吸ができるようになります。
  • 舌の動きもよくなることで、滑舌や発音の悪さも改善されます。

いつから始めたらいいの?

骨格矯正と歯列矯正からなる2段階治療
子供の矯正に最適な時期

お子さんの歯並びの初めての相談は、
6歳ごろ(就学されるころ)、上顎の前歯の乳歯が永久歯に生え変わり始める時期が最適です。

小児矯正は、顎の骨のバランスや大きさを整える
1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療です。
とくに1期治療は、顎の骨がまだ柔らかく、
これから成長していくお子さんだからこそできる治療です。

このことでなるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。

さらに、1期治療で顎の骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、
2期治療そのものが必要ない場合もあります。

  • 1期治療(骨格矯正)3歳~12歳
  • 2期治療(歯列矯正)10歳~成人

床矯正(しょうきょうせい)

床矯正について

床矯正とは、入れ歯のような取り外しのできる矯正装置
使用することで、発育途中にある子どもの顎の骨を広げて、
抜歯をせずに歯並びを整える方法です。

開始年齢は5~7歳くらいが最適です。
8、9歳でもできますが、
10歳を過ぎると顎の拡大が難しくなるため、
普通の矯正治療の適用になるかもしれません。

床矯正のメリット

  • 床矯正の装置は取り外しが可能です
  • 通常の矯正装置より装置が目立ちにくいです
  • 通常の矯正装置より歯を動かす時の痛みが少ないです
  • 歯を抜かないで治療することができます
  • 治療開始時期が早ければ早いほど、費用を抑えられます

お一人おひとりのお子さんの歯の状態によって異なります。
専門医が診させて頂いた上で、最適な時期をご提案させて頂きます。

矯正歯科認定医 櫻井誠人先生

2003年
北海道大学歯学部卒業 東京医科歯科大学矯正科入局
2007年
歯学博士号取得
2008年
日本矯正歯科学会 認定医資格取得 修了
2009年
東京医科歯科大学矯正科退局
矯正歯科認定医

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0336110534へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜日・日曜日・祝祭日
▲ 土曜日午後は14:30〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
にしざわ歯科医院の外観
フッターオファー
© 2019 にしざわ歯科医院